釣りやキャンプなど家族4人のアウトドアライフを発信するブログ

サーモス「保冷缶ホルダー」レビュー!タンブラー化するイケメンはキャンプやアウトドアの救世主

どうも、です。

ステンレス製真空断熱魔法瓶を製造・販売している日本メーカー「サーモス」から発売されている

保冷缶ホルダー

 

サーモスの水筒やタンブラーを使っている人も多いと思いますが、どうやら保冷缶ホルダーも超優秀なようで、巷では高コスパだともっぱらのウワサ。

さすが「魔法びんのパイオニア」と謳うだけあります!

夏の暑い日の救世主となり得るのか?僕の持っている2つの保冷缶ホルダーのレビューと合わせて紹介します。

 


保冷缶ホルダーのスペック

サーモスには3種類の保冷缶ホルダーがあります。

保冷缶ホルダーの種類
  • ROD-002
  • JCB-352
  • JCB-500

 

ROD-002|保冷缶ホルダーとタンブラーの2WAY

サーモス:保冷缶ホルダーとタンブラーの2wayモデル

アウトドアシリーズのタンブラーにもなる2WAYの保冷缶ホルダー。シンプルなカラーでカッコいいですね!

タンブラーにもなるので、冬に暖かいコーヒーを飲むのにもバッチリ!

サイズ7.5cm×7.5cm×13cm
外径24.0cm
重さ約200g
カラーステンレス
ミッドナイトブルー

 

肝心の保冷力ですが、温度上昇は1時間で4℃→7℃!このグラフを見れば裸でビールを飲む愚かさがわかります。

サーモスの保冷缶ホルダーROD-002のグラフ

 

 

JCB-352|保冷缶ホルダー

サーモス:保冷缶ホルダー:JCB-352こちらはノーマルタイプの保冷缶ホルダー。オレンジやライムグリーンがポップでオシャレ!

こっちはタンブラー化しませんよ。

サイズ7.5cm×7.5cm×11.5cm
外径22.4cm
重さ約100g
カラーオレンジ
ライムグリーン
シルバー
ブラック

 

保冷力は1時間で4℃→8℃程度。グラフを見る限りでは、ROD-002の方がほんの少しだけ保冷力が高いようです!

サーモスの保冷缶ホルダーJCB-352のグラフ

 

 

JCB-500|保冷缶ホルダー

サーモス:保冷缶ホルダー500ml:JCB-500
JCB-352の500mlモデル。500ml缶を飲むのが多い方はこれがベスト!

サイズ7.5cm×7.5cm×15.5cm
重さ約200g
カラーシルバー
ブラック

 

ROD-002やJCB-352と比べて保冷力が高いデータですが、500ml缶というサイズが影響しているかもしれませんね。

サーモスの保冷缶ホルダーJCB-500のグラフ

 

 

保冷力の秘密は真空断熱構造

キンキンな温度を長ーく保てる秘密は

真空断熱構造

サーモスの保冷缶ホルダー全てに備わっているので、真夏でもキンキンに冷えた、美味しく飲める温度を長時間キープしてくれます!

もちろん結露レスで、テーブルや手が濡れる心配も無しです。

サーモス保冷缶ホルダーROD-002のの真空断熱構造

 

保冷力はほとんど同じ

3種類の温度上昇グラフを見ると、保冷力に差があるように思えたのでサーモスに問い合わせてみました。

返信内容がコチラ▼

ROD-002とJCB-352は、保冷の性能としては同等でございます。

保冷性能はほとんど同じ!

JCB-500のことを問い合わせるのを忘れましたが、Jたぶん同じでしょう。

 

ハードクーラー界の雄・イエティの保冷缶ホルダー「コルスター」も、サーモスに負けない保冷力なので、レビュー記事をチェックしてみてください▼

関連記事

どうも、ビール大好き@tateshuです!ハードクーラー界の雄であるYETI(イエティ)から発売されている保冷缶ホルダー 「ランブラー・コルスター」 うだるような夏の暑さでも、缶ビ[…]

イエティの保冷缶ホルダー:ランブラー・コルスター

 

保冷缶ホルダーのレビュー

サーモス保冷缶ホルダーROD-002とJCB-352

ここからは僕が持っている「ROD-002」「JCB-352」のレビューです。

僕は500ml缶を飲むことが少ないので、350ml缶用の二種類を愛用中!キャンプやBBQだけではなく、自宅でも大活躍してます。

 

ROD-002のレビュー

サーモス保冷缶ホルダーROD-002ステンレス

保冷缶ホルダーからタンブラーにもなる優れモノ!

見た目も◎で、シンプルなステンレスは使い込んだらイイ感じに味が出そうです。

 

缶のセットは飲み口を外してから

ROD-002はタンブラー用の飲み口を取り外して缶をセットします。

飲み口を無くしそうですが、替えが売ってるので取り敢えずは安心(無くす人が多いのかな?)

サーモスの保冷缶ホルダーROD-002の内側のポッチ

赤丸の3つのポッチですが恐らく、入れた後に缶がズレるのを防ぐためかと思います。

でも、これがちょっと微妙。

缶が最後まで入り切らず、ポッチ辺りで引っ掛かっちゃうんです。

ROD-002に350ml缶を入れた

 

ここから少し強めに押し込んであげると…

ROD-002に350ml缶を入れた

「スポンッ!」とインします。

この時に指が挟まることがあるので注意。普通なら許せないんですが、ROD-002がカッコいいのでギリ許せます。

画像では缶のプルタブは開いてますが、セットする勢いで中身がこぼれることもあるので、プルタブはホルダーに入れてから開けると安全です!

 

タンブラーモード

サーモス保冷缶ホルダーROD-002の飲み口

飲み口を装着するとタンブラーモードです!冷たい飲み物はもちろん、温かい飲み物にだって使えます。

例えば、夜は保冷缶ホルダーとして、翌朝はコーヒー入れちゃうとか良いですね!子供用にジュースを入れたりとか使い方は自由自在。

ただし、密閉することはできないので飲み口は常にオープンです。

 

普通に持ちやすい

サーモス保冷缶ホルダーROD-002は普通に持ちやすい

「保冷力が高い=分厚い=持ちにくい」

こんなイメージありませんか?僕もそうだったんですが、ご覧の通り違和感なく持ててます。飲む時は、くびれてる箇所を中心に持つとラクでした!

 

サーモス保冷缶ホルダーROD-002を娘に持ってもらいました

小学二年生の娘が使うとこんな感じ。

ご覧の通り、片手で持てるので子供用にも使えますね。さらに小さいお子さんは両手で持てばOK!

 

 

JCB-352のレビュー

サーモス保冷缶ホルダーJCB-352の二つのカラー
敢えてポップなカラー2色を購入。子供にはステンレスよりこっちが人気です!

 

缶のセットが楽チン

JCB-352には、ROD-002のようなポッチは付いていません。ツルツルです!

サーモス保冷缶ホルダーJCB-352の内側

 

なので缶の出し入れは凄くスムーズ。飲んでいる時に缶がズレることもなく、安心して飲めます!

サーモス保冷缶ホルダーJCB-352に缶を入れてみた

なので、ROD-002のポッチの必要性は感じません。

 

持ちやすさは随一

サーモス保冷缶ホルダーJCB-352を持ってみた

ROD-002でもだいぶ持ちやすかったんですが、JCB-352は更に持ちやすいです!

JCB-002の外径が22.4cmなので、ROD-002より1.6cm小さいだけで結構変わります。

 

サーモス保冷缶ホルダーJCB-352を娘に持ってもらいました

こちらも娘に使ってもらいました。やっぱり子供にはポップなカラーの方が似合いますね!

 

レザーカバーがオシャレ

 

この投稿をInstagramで見る

 

トモ(@omadesign_leatherworks)がシェアした投稿

@omadesihn_leatherworksさんが作っているJCB-352やJCB-500のレザーカバー。革製品を装着すると雰囲気が全く変わります。保冷性能もアップしちゃう?かも!

 

 

名入れギフトもできちゃう

サーモス保冷缶ホルダーJCB-352に名入れ

なんとJCB-352に名入れができちゃいます!

家族や友達、イベントの景品にもアリです。ビール党のお父ちゃんにもピッタリ!

 

500ml缶を入れてみた

サーモス保冷缶ホルダーに500ml缶を入れてみた

どちらも350ml缶用なので、500ml缶を入れると頭が出ちゃいますが使うには問題無しです。

JCB-500より保冷力は劣ると思いますが、150ml分を飲んでしまったら同じなので、僕は350ml缶用で十分です!

 

飲み口がホルダーに当たる

高性能な保冷缶ホルダーであればあるほど、缶全体を覆ってしまうので、ホルダーに唇が当たってしまうのは仕方がないのかもしれません。

イエティの保冷缶ホルダー「コルスター」でも同じ問題がありましたが、「そういうもんだっ!」と思って割り切って使えば全く気になりませんよ。

 

家の中でも大活躍

サーモス保冷缶ホルダーROD-002で家飲み

真夏の炎天下だけじゃなく、普段の家飲みでも活躍してくれます。結露でテーブルが濡れることもなくなるので、まさに一石二鳥ですね!

リーズナブルでコスパが良いはずなのに、渡されたのはせんべい2枚だけ(笑)

 


さいごに

サーモス保冷缶ホルダーROD-002

今回はサーモスの保冷缶ホルダーについて書きました。

僕的にはROD-002がカッコよくて好きですが、やっぱりポッチが気になります。あれさえ無ければサイコーなんですが(笑)

保冷缶ホルダーは、猛暑の中でも間違いなくキンキンに冷えたビールを飲むことができる「神のキャンプギア」です!

サーモスは価格もリーズナブルなので、家族全員分揃えてみんなで乾杯しましょー!!

ではでは。