釣りやキャンプなど家族4人のアウトドアライフを発信するブログ

スローテーパー「スロー&ステディ」のまとめ!L56plusのインプレ付き

どうも、メインロッドはスローテーパーのです!

トップウォーターバスフィッシング界の超重要メーカーの一つ

スローテーパー

 

言わずもがなトップウォーターをやられてる方であれば知らない人はいないであろう、林さんが店長をしているショップです。

今回の記事では、スローテーパーから発売されているグラスロッド「スロー&ステディ」シリーズのまとめと、僕が使っているスロー&ステディL56plusのインプレを素人目線で書いていきます。

 


スローテーバー|スロー&ステディの種類

スローテーパー:スロー&ステディM56Minus

スロー&ステディは種類が豊富で、軽いルアーから重いルアーまで様々なウェイトに対応可能なラインナップになっています!

公式サイトにまとまった情報が載っていないので、公式ブログを元にまとめてみましたが、ベストウェイトの数値が記事によって若干異なっていましたので、あくまで参考程度にお願いします。

記載漏れ・間違いありましたら教えてください!

L56ベスト:18g〜24g
L6よりシャープでテーパーはスロー
汎用性が高いロッド
L56plusベスト:18g〜24g
L56よりシャープ
汎用性が高いロッド
L6(Refine)18g〜25g
特にペンシルなど面の釣りには最適
M56minusベスト:23g〜28g
M56と比べて特に23g〜26gはベストな使い心地
M56ベスト:24g〜28gオーバー
M6よりシャープでテーパーはスロー
スロー&ステディーの中で最もシャープ
M6minusベスト:22g〜28g
ダータースペシャリスト
ダブルスイッシャーのジャークなどにも
M6(Refine)ベスト:24g〜28gオーバー
1ozを超えるルアー向け

対応ウェイトの記載はありますが、ロッドそれぞれにベストな使用感を得られるウェイトがあります。ベストなウェイトは個人の釣り方やスタイルで変わるので、あくまで基準値として見ておきましょう。

 

スロー&ステディシリーズのカラーラインアップはコチラ

  • ショコラ
  • ラテ
  • チョコ

僕的にはラテがおしゃれでお気に入りですが、ショコラとチョコしか持っていません(笑)

 

スローテーパー|スロー&ステディL56plusのインプレ

スローテーパー:スロー&ステディL56plus

僕が持っているスロー&ステディL56plus(ショコラ)

ちゃんとキレイに拭いてから写真を撮るべきでしたね(笑)

 

さて、まず種類豊富なスロー&ステディの中から、なぜL56plusを選んだかと言うと…

  • 使用するルアーウェイトがマッチ
  • カヤックでも使いやすい長さ
  • 張りがあるロッドが好き

使用するルアーウェイトがマッチ
主に使うルアーが重くても25g程度なので、Lを選択

カヤックでも使いやすい長さ
ボートに乗せてもらうこともありますが、カヤックでも釣りをするので、それを考慮してオールラウンダー的な長さの5.6ftを選択

張りがあるロッドが好き
普段はカーボンロッドで張りがあるロッドが好きなので、グラスを使ってみたいと思っても、ダルダルなロッドはイヤです。また、特に釣りが忙しくなりがちな河川のカヤックを考慮してシャープなplusの方を選択

 

ルアー

林さんが記載していたベストウェイト通り、トップウォーターの王道的ウェイトは気持ちよく使えます。たまにオーバーウェイトなアブディールのSB(1ozぐらい?)やチェスト114のトゥワーク、逆にサッチモホーンなど1/2ozのルアーも使いますが、どちらも難なくキャストできちゃいます!

この許容範囲の広さはカーボンには無いメリットと言えますね(^^)

 

ロッドウェイト

54.5g(公式ブログ調べ)
カーボンと比較すると、abu5000番と組み合わせた時のずっしり感は強いです。これはスロー&ステディだけではなく、グラスロッド全般に言えることですが。

ただ、これは慣れですね!
普段からカーボンしか使わない人にとっては重いですが、逆にグラスしか使わない人にとってはカーボンの軽さは不安な気がします(笑)

ちなみにカヤックで半日使っても、腕の疲れはほとんど変わらないです(^^)

 

他ロッドと比較して

グラスロッドはスロー&ステディしか持っていないので他のグラスロッドと比較できないのですが、グラスロッドと言えばダルダルなロッドのイメージがあったので、良い意味で裏切られました!

もちろんカーボンと比べればダルダルした感じになりますが、L56plusがシャープなロッドということもあって、キャストタイミングが取りやすく、このド下手な僕でもキャストが気持ち良くできます(ピンポイントに決まらないのは僕の腕のせいですねw)

また、カーボンは「チャッ!チャッ!」と素早くアクションさせるのは得意ですが、L56plusでそれをしちゃうと早々に腕が疲れちゃうので、気持ちゆっくりアクションすることで、疲れの軽減とグラスロッドの持ち味も生かせるんではないかと思います!

 


さいごに

今回はスローテーパー「スロー&ステディ」のまとめと、L56plusのインプレを書きました。

種類が多いと購入時はすごく迷いますが、逆に自分にピタッとハマるロッドが見つかる可能性が高い思います。

世の中には「3/8oz〜1oz」や「1/2oz~1と1/2oz」など幅広いウェイトに対応しているロッドもあります。でも、これはあくまで使用できる範囲としての意味で「気持ち良く使える」かどうかは別な話しなんです。全部の範囲がベストウェイトなら、それこそ恐ろしいロッドですよね(笑)

そういう意味でも、スローテーパーのようにメーカーがベストウェイトを案内していることは有難い話しですし、選ぶ時の基準にもなります!

購入を検討している方の参考になれば(^^)

ではでは!