釣りやキャンプなど家族4人のアウトドアライフを発信するブログ

カヤックカバーで紫外線や雨をしっかりバリア!2年使用したカバーのレビューとオススメを紹介

どうも、カヤック歴8年のです!

皆さんはカヤックをどうやって保管していますか?僕は最初、自宅の外に「すっ裸でドーン!」と青空保管していましたが、そのせいで色々な問題に直面してきました。

カヤックにとって屋外保管はキケンがいっぱいなので、カヤックカバーでしっかり保護して、安心して保管できる環境を作っていきましょう!


なぜ屋外保管ではカヤックカバーが必要なのか

カヤックスタンドに載せたサウンド10.5

カヤックカバーが必要な理由
  • 紫外線によるカヤック本体へのダメージを防ぐ
  • 雨や雪による濡れからのカビを防ぐ
  • ネコちゃんのマーキングを防ぐ

カヤックの主な素材「ポリエチレン」や「FRP」などは、紫外線に強くはないので、日光にさらされ続ければ紫外線による劣化は避けられません。最悪はカヤック本体が割れることもあるので、裸での保管は絶対にNG!

また、雨や雪などで濡れてカビが生えたり、ホコリで汚れたり、コックピットにネコちゃんが入り込んだりと、屋外保管するならカヤックカバーは絶対に必要なアイテムなんです。

 

ブルーシートで代用は微妙

ブルーシート

「じゃあ別にブルーシートでもいいじゃん」となりそうですがオススメしません!

ブルーシートでも似た効果は得られますが、風に煽られると凄くうるさいんですね。「バサバサ」ってあれは結構な耳障り。。

価格的にもブルーシートを選ぶメリットはあまり無いので、新しく買うなら専用のカヤックカバーにすべきです!

 


カヤックカバーのレビュー

カヤックサウンド10.5とUVカットカヤック保管カバー

僕は自作したカヤックスタンドで屋外保管していますが、屋根など直射日光を遮る物は何も無いので、カヤックカバーでしっかりバリアしています!

装着も簡単で迷うことも何一つありません。装着そのものに時間も掛からないので、自分の愛艇を少しでも長く、大切に乗り続けるためには必要な投資だと思います。

カヤックの長さによってカバーのサイズも変わってくるので、必ず合うものを選んでください。

 

カヤックを自宅保管する方法は、コチラの記事を読んでみてください▼

関連記事

どうも、カヤック歴8年の@tateshuです!カヤック乗りの皆さん!コレってどうしてますか? カヤックの保管方法 僕は幸いにも一軒家に住んでいるので、カヤックの置き場スペースはある[…]

カヤック置き場用スタンドを自作しよう

 

永久には使えません

カヤックカバーを2年間使用すると劣化で穴が空く

2年程使ったカヤックカバーがコチラ▲

いつまでも使えれば良いんですが、やっぱりそれはムリでした。

使用しているのはUVカットのカバーなんですが、2年間も直射日光に晒され続けた影響で、激しく劣化しています。もろくなった箇所は穴が開いて、ちょっと引っ張るだけで穴はドンドン広がります。

紫外線って怖いですね…

でも、どのカヤックカバーを使っても劣化を完全に防ぐことはできないので、この価格で2年も使えれば十分です!

 

カヤックカバーの紫外線による劣化比較

そのまま使い続けるのは心配なので、同じカヤックカバーを購入!

せっかくなので並べてみました。上が新品カバー、下が2年使用したカバーですが、色が全く違いますね。

 

カヤックカバーは2枚使いがオススメ

カヤックカバーは2枚使いすれば安心

2年間であんなボロボロになってしまうので、気づかないで放置してしまうと、穴が開いた箇所から紫外線や雨などが侵入してしまいます。

なので僕はカヤックカバーの2枚使いをオススメします。

1枚目で紫外線などをバリア、2枚目は保険で着けておきます。2年程度経ったらカバーを購入してボロボロのカバーとバトンタッチです。

こんな感じでローテーションしていけば、カヤックが大きなダメージを受けることはなくなります!

なにより、精神衛生上も良いです!

 

さいごに

今回はカヤックカバーについて書きました。

裸で置いた時期もありましたが、紫外線による劣化や、ヨゴレ、カビなど大事なカヤックが残念な姿になってるのを見て愕然としました。

少しでも長くカヤックに乗るためにも、カヤックカバーは着けて保管しましょう(^^)

 

カヤックでバス釣りしたい方向けに記事を作成したので、ぜひ参考にしてみてください▼

関連記事

かれこれカヤックバスフィッシング歴8年目の@tateshuです!2012年からトップウォーターオンリーのバス釣りでカヤックに乗っていますが、カヤックに乗ってから多くのバスに遊んでもらってます!今回の記事は、僕がカヤックバスフ[…]

カヤックに乗ってバス釣りに行こう!はじめてのカヤックフィッシング

 

ではでは!