釣りやキャンプなど家族4人のアウトドアライフを発信するブログ

『ヒャドクーラー』に一目惚れ!レビューと保冷力アップのプチ改造でマヒャド級を目指す

どうも、です!

 

オレゴニアンキャンパーから発売されているクーラーボックス

 

「ヒャドクーラーボックス27QT」

 

オシャレなツートンカラーに四角いフォルム。そしてドラクエ好きにはたまらないネーミング。こんなクーラーボックスを待ってましたと言わんばかりに…

 

即ポチッちゃいました(^^)

 

ヒャドクーラーは、ハードクーラーの中でも手頃な価格帯なので「どうせ安かろう悪かろうでしょ?」と思う人が多いと思います。

でも『安い=悪い』ではないんです。

そんなところをまとめましたので、どぞっ!

 

ちなみに、僕は買って正解でした(^^)

 


ヒャドクーラーを選んだワケ

この条件をクリアできるハードクーラーを探してました。

  • 1泊2日やデイキャンプに丁度良い性能
  • オシャレ
  • サイズ

tateshu一家は1泊2日やデイキャンプがほとんどなので、イエティのような高性能ハードクーラーは完全にオーバースペック(金額的にもですが)

また、ファミリーキャンプは荷物が多くなるので、車載を考えるとサイズは大き過ぎない、ちょうど良いクーラーボックスが欲しい。

ヒャドクーラーは条件をクリアする、まさにピッタリのハードクーラーだったワケです(^^)

 


ヒャドクーラーボックス 27QT

オレゴニアンキャンパーのヒャドクーラー :インク

オレゴニアンキャンパー初のクーラーボックスとして登場したヒャドクーラーボックス

 

ブランドコンセプトは…

古き良きアメリカのアウトドアスタイルをコンセプトにしたファクトリーブランド

 

男心をくすぐる『カクカクなフォルム』と『ツートンカラー』のヒャドクーラーは、まさに古き良きアメリカのスタイルを体現したクーラーボックスだと思います!

特に他のハードクーラーには少ない『ツートンカラー』と『オレンジのラッチ』は、僕の中でドストライク!

これで保冷力がマヒャド級ならサイコーかと。

 

ヒャドクーラーの性能・スペック

オレゴニアンキャンパー・ヒャドクーラー3色

出展:instagram @oregonian_outfitters_official

公式サイトからヒャドクーラーのスペックを抜粋。

注目のカラーは3種類 → 4種類

■画像上:フィヨルドブルー
■画像左:モス
■画像右:インク
■追加:グロー(夜光)

グローカラーのヒャドクーラーはキャンプ場でも被らなさそう。斬新!!

オレゴニアンキャンパーのヒャドクーラー :新色のグロー

基本スペック

■容 量:27QT(約25.5L) 350ml缶が40本
■サイズ(外寸):幅48×高さ34×奥行36
■サイズ(内寸):幅37×高さ26×奥行26
■サイズ(底部内寸):幅35×奥行25(tateshu調べ)
■重 量:約5.5kg(本体のみ)
■断熱材の厚さ:3cm
■保冷力:約3日間

内部はスクエア形状ですが、底に向かって萎んでいるので真四角ではないです。(←ハードクーラーってそういうモノ?)

付属品

■まな板にもなる仕切り板
■バスケット

どちらも着脱可能です。

価格

■19,000円(税抜)

他のハードクーラーと比べて安価なのは、ヒャドクーラーの良いところですね。

 

ヒャドクーラーのレビュー

収納力

オレゴニアンキャンパーのヒャドクーラーのペットボトルの収納

1.5Lや2Lのペットボトルを立てて収納はできないので、寝かして収納。

立てたまま収納できたら良かったかな。

 

オレゴニアンキャンパーのヒャドクーラーのペットボトルの収納

500mlのペットボトルは、下に保冷剤を入れても立てて収納できました!

 

保冷剤

オレゴニアンキャンパー:ヒャドクーラーにはロゴス保冷剤L2つがシンデレラフィット

ヒャドクーラー専用設計?と思わせるほどのシンデレラフィット!

仕切りを付けたままなら、ロゴスの氷点下パック保冷剤Lサイズが2つでピッタリ!

 

オレゴニアンキャンパーのヒャドクーラーにロゴスの保冷剤XL

ロゴスの氷点下パック保冷剤XLサイズは1つだけで、Lサイズと同じ向きでは入りません。

 

重量

ヒャドクーラーを小学校1年生の娘が持っています

ヒャドクーラーが5.5kgという軽さなので、中身が空なら女性でも軽々と運べる重さは嬉しいです!(嫁が非力なもので)

小1の娘でさえ「うんとこしょ!」と言って運べるほどなので、子供達にいっぱい手伝ってもらいましょう(^^)

 

保冷力

一番気になる保冷力。

ヒャドクーラーの保冷力は事前リサーチ済みなので、あまり驚きはしませんでしたが…

底に結露ができます!

 

ヒャドぉぉぉぉぉ…

 

結露ができるということは、底側から冷気が逃げているってことです。実際に使ったところ保冷力は1日程度で、公式の3日間はちょっと厳しそう。。

外気温や保冷剤、食材・飲み物の温度に左右されるので一概には言えませんが、ヒャドクーラーの保冷力は1日が目安だと思います。

保冷力や収納力からみても、ヒャドクーラーは1泊2日やデイキャンプで大活躍するハードクーラーということですね!

 

ヒャドクーラーをプチ改造して保冷力アップ

ヒャドクーラーは1泊2日やデイキャンプで使える保冷力はあるものの、さらに保冷力があれば嬉しいのが本音。

そこで、ヒャドクーラーの汗っかきをなんとかしてやりたいと、初心者キャンパーのtateshuが一肌脱いであげよう(笑)

 

最初に考えたのは『内側にアルミシートを貼る

保温効果は高そうですが、貼ってしまったら洗えないんですよね。通気性も悪くなるので、隙間にカビが生えたりしそうでやめました。これは最終手段で。

で、他の案として…

プチプチを敷く

オレゴニアンキャンパー:ヒャドクーラーの保冷力アップの改造

ヒャドクーラーの内側の底にプチプチを複数枚敷きました。底から冷気が漏れてるので集中ブロックです!

プチプチって、冬になると窓に貼ってるお宅ありますよね?窓から熱が逃げるから断熱する、それと同じ効果を狙ってます!

 

断熱=保冷力アップ

 

プチプチはダイソーやセリアなど100均で購入できるので、試す価値はアリです!

 

クーラー in クーラー

オレゴニアンキャンパーのヒャドクーラーの保冷力アップ

3COINSで買ったペラペラのソフトクーラー。

子供のオモチャになっていたので、ちょっと拝借。

 

これを…

 

オレゴニアンキャンパーのヒャドクーラーに3COINSのソフトクーラーをIN

ヒャドクーラーの中に、IN!!!

まさかのシンデレラフィット!!!

 

どうです、この斬新な考え。イエティも真っ青な…

クーラー in クーラー

 

ソフトクーラーの中はアルミシートなので、これも断熱効果があります。プチプチとクーラーinクーラーでダブル効果!

これでヒャドクーラーの保冷力はマヒャド級とは言えなくてもヒャダイン級ぐらいまではレベルアップしたはず?!

改造後の保冷力は、後日アップします!

 

 

ヒャドクーラーのスタンドはキャンピングムーンのフィールドラック

オレゴニアンキャンパーのヒャドクーラーのスタンドはキャンピングムーンのフィールドラックを使用
ヒャドクーラーを地べた置きにすると保冷力がダウンするので、キャンピングムーンのフィールドラックに乗せてみました。(クーラースタンドが無かったので)フィールドラックからはみ出ることもなく、サイズはOKですね!

耐荷重は30kgなので、ヒャドクーラーの自重5.5kgと飲み物や食材の重さを足しても超余裕!

見た目も、主張しないブラックのフィールドラックと、ツートンカラーのヒャドクーラーとの組み合わせは…アリ!

 

まとめ

オレゴニアンキャンパーのヒャドクーラーですが、個人的に本当に買って良かったです!

tateshuの初めてのハードクーラーですが、ヒャドクーラーは見た目がオシャレなのと、25.5Lと言うちょうど良いサイズ感がホントに使いやすい。車にも積み込みやすいし!

そして価格も手頃なのはホントに嬉しいっ!

保冷力は1日程度とハードクーラーの中では劣りますが、いざとなれば板氷を現地調達すれば良いだけなので、あまり気にしていません。

適材適所で使うのがヒャドクーラーです(^^)

 

でも、新しく発売する時は底側の結露は改善してね、オレゴニアンキャンパーさん。

 

ではでは皆さん、良いキャンプを!!


オレゴニアンキャンパー ヒャドクーラーボックス インク
最新情報をチェックしよう!