トップウォーターのバス釣りを中心にライトロックなどの海釣り、ボートやカヤック、アウトドア情報を発信しています。

TATESHU.COM

ライトロックゲーム ロッド インプレ メバリング ヤマガブランクス

ヤマガ『ブルーカレント82F NANO』のインプレ(メバリングでジグ単は?)

2018年12月25日

ヤマガブランクス

設計から製造まで日本国内で行う純国産・メイドインジャパンの釣り具メーカーです!

そのヤマガブランクスから発売されているライトゲーム用ロッドがブルーカレント(BlueCurrent)です!

カッコいいですね!

 
今回の記事ではこんなことにお答えします!

  • ブルーカレント82F NANOってどんなロッドなの?
  • ブルーカレント82F NANOってジグ単(ジグヘッドリグ)は使えるの?

ブルーカレント82F NANOはパワーがあるロッドなので、逆に軽いジグ単はどこまで使えるのか気になる人もいると思います。

 
それではブルーカレント82F NANOについて書いていきます。

ブルーカレント82F NANO

メーカーより抜粋

フロートリグを遠投し、沖に潜む大型アジ・メバルを狙うためのパワーモデル。重めのフロートリグもシャープに振り抜き、潮流場のボトムや藻場で掛けた場合でも魚の突っ込みを止め、浮かせるための強靭なバットパワーを有します。そのバットに相反した繊細なティップは、ロングディスタンスゲームにおいても魚に違和感を与えにくい上に、「コツっ」という小さいアタリも逃さない高感度性能を実現しました。もちろんフロートリグだけでなくシンカーキャロやライトゲーム用のプラグやジグまでマルチに使用可能です。ナノアロイテクノロジーを採用したブランクは強靭な反発力を発揮し、遠投モデルとして最適な1本に仕上がりました。

僕が購入した理由は単純にコレです。
遠投できるパワーと繊細さを兼ね備えたロッドが欲しかったからです。

今使っているロッドは7.6ftで0.6g〜6g対応のモノですが、スペックからして港内で釣るのがメインです。

でも港内はプレッシャーが高く、入れ替わり立ち替わりで釣り人も入るため、皆と同じようなロッドでは釣果も変わらないどころか下がるばかりです。

 
 
 
 
そこで!!!

追加で遠投に特化したロッドがあれば、どの釣りにも対応できると思って購入しました!

 
「なんでブルーカレントなの?」と思いました?

 
 
カッコいいからです!

ブルーカレント82F NANOのスペック

  • 長さ:8.2ft
  • 重量:80g
  • 対応ウェイト:MAX18g
  • ターゲット:アジ・メバル
  • ルアー:フロート・キャロ・プラグ・メタルジグ
  • 価格:28,000円前後

値段から見ると中級者向けロッドですね。

ブルーカレント82F NANOのインプレ

シンプルな色合いの中に「Blue Current」の字体が映えます!

カッコイイ!買ってよかった(笑)

基本的な用途としては遠投メインを想定していましたが、意外と軽めなルアーも扱えて、その点に関しては良い意味で裏切られました!

それでは細かいインプレを書いていきます。

長さ

8.2ft

港内で8.2ftは「ちょっと長いかなー!」と不安でしたが僕は違和感無くいけました。

ヘチ釣りや船の間に落とす細い釣りになると、ロッドの長さが邪魔になりがちですがコレは慣れの問題ですね!

重さ

80g

持った瞬間に出ちゃいました!

 
 
軽っ!

ロッドパワーと長さを考えても、このロッド重量は軽いです。

パワー

仙台港のメバル20cm程度のメバルは瞬殺でした!もちろん引きは楽しめますが、常に主導権はコチラ側にあるイメージです!

ルアー:ジグ単

1gから5gまでのジグ単を試しました。

1.0g+メバピンピン
さすがにこれは厳しいです。
操作感はギリギリ感じる程度で、辛うじて釣りはできるものの釣った感は無いです。

1.5g+バグアンツ2インチ
意外といけました!
バグアンツが少し重めなこともありますが、ティップが入ることで操作感はあります。2g前後辺りが人それぞれ意見の別れるところでしょうか。

3.0g+グラスミノーS
ここまで来ると余裕です!
もちろんこの重さに特化したロッドと比べれば負けますが、釣りは全然できますよ。

5.0g+バグアンツ2インチ
とにかくキャストが気持ち良い!
ロッドに余裕があるので思いっきり飛ばせます。これは強力な武器ですね!

ルアー:メタルジグ

今回は7gを使用しましたが、かっ飛びます!
キャストに気を使う必要が無いので気持ち良いです。ここら辺からが本領発揮するウェイトですね。

ルアー:フロート

まだ試していないので後日書きますね!

ルアー:エギング

メバリングやアジングのみならずエギングにも使えるという情報もありました。様々なシーズンで色々なターゲットを狙えるロッドというのは非常に素晴らしいことです!

その他

ブルーカレント82F NANOはシーバスとやり取りできるパワーもあるようです。不意の大物も大丈夫そうですね!

気になる点

ここまでは満点に近しいロッドですが、本当に残念なのがグリップが太いことです。

これは使う人の手の大きさで感じ方も変わりますが、少なからずも僕にはちょっと太いためか持ちにくさを感じました。慣れの問題かもしれませんが、EVAを耐水ペーパーで削って調整しても良いかもしれません。

最後に

今回はヤマガブランクスのブルーカレント82F NANOのインプレをご紹介しました。

港内だけで使うには余りあるパワーなので、遠浅の先にあるブレイクに潜むメバルを狙ったりするにはピッタリなロッドです。

このロッドで目指せ尺メバル!!

ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) ブルーカレント 82F ナノ

ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) ブルーカレント 82F ナノ

26,479円(06/18 14:52時点)
Amazonの情報を掲載しています







-ライトロックゲーム, ロッド
-, ,

Copyright© TATESHU.COM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.