トップウォーターのバス釣りを中心にカヤック、ライトロックなどの海釣り情報を発信しています。

TATESHU.COM

トップウォーター リール ブラックバス

ANCHOR仙台で『アンバサダー5500C』をオーバーホールしてもらいました

このリールは某有名オークションで購入して、毎年オフシーズンに自分で全バラシのオーバーホールをして使ってきましたが、最近どうも調子が悪いんです。ハンドルのガタは治らないし、スプールの回転も良くない、巻き心地もイマイチと正に即入院状態です。

そもそも自分でオーバーホールすると言っても、中古なので組み上がっている状態が正しいのかさえもわかりません。展開図があればある程度は判断できますが、古い物ですのでネットでも見つかりません。現状が最高なのか、はたまた最低なのか自分で判断するのは非常に難しい状況です。

そこで・・・

ANCHOR仙台さんにオーバーホールを依頼

餅は餅屋、その道のプロへお願いしてみましょう!

と、言うことで『ANCHOR仙台』さんに5500Cのオーバーホールをして頂きました!

ANCHOR仙台さんは服屋と釣具屋が融合したハイブリットなお店です(^^)

ABUなどのオールド系リールのオーバーホールも頻繁にされているので安心してお願いできます!

2018年7月に惜しまれながらも閉店してしまいましたが、ルアー販売やリールのオーバーホールは引き続き行うとのことです!

誰もが気になるオーバーホール料金

基本料金:3000円
※2018.10時点

パーツ代やカシメ直しなどの作業は別途費用が掛かりまが、これでストレスフリーな釣りができるなら安いもんですね!

5500Cが無事帰宅

やはりプロは違います。

何より驚いたのが、回転がすこぶる良いこと!
そして巻き心地も滑らかになっています。

(どうやったらこうなるんだろう…)

パーツの組み間違えや、過不足なども調整してもらえますので、オーバーホールから上がってきたリールは、少なからずも、ほぼ当時の状態になっているのではないかと思います。

やっばり素人がやるオーバーホールとは一味も二味も違いますね(^^)

まるで違うリールになったみたいです(^^)

また、今回はフレームにガタがあるとのことでカシメ直しをしてもらいました!
特にPEでフルドラグの方はフレームが捻れたりガタガタになっている事が多いそうです。

僕のは1979年のリールなので2018年で39歳でしょうか。こんなに長持ちするリールって他に中々無いと思います。

今年も相棒として頑張ってもらいましょう!

自分でオーバーホールに挑戦する方

もし自分でオーバーホールに挑戦する人はコチラの記事も見てみてください!







-トップウォーター, リール
-

Copyright© TATESHU.COM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.