アウトドア好きのIT戦士がお届けする情報発信サイトです。釣りを中心にキャンプやIT情報まで幅広く発信しています。

TATESHU.COM

ツール 釣り

【釣り車】汚れも濡れもこれで安心!おすすめ防水シートカバーやカーマットを解説!

2019年4月9日

釣り車の防水シートカバー釣りキチの皆さんは釣り場まで何で移動しますか?

 
自転車やバイク、都会住まいの人は電車で行く人もいるかもしれませんが、僕も含めてマイカーで釣りに行く人が多いと思います。

 
釣りで車を使う時、車内の汚れって気になりません?

 
土や砂、葉っぱなど服に付いたまま車に乗ってしまったり、雨の日は服がびしょ濡れで靴は泥だらけ。それが似合う車もありますが、ファミリーカーとなれば奥さんは絶対に許してくれませんよね(笑)

 
家族に気持ちよく乗ってもらうためにも、車は出来るだけ清潔にしておきたいところです!

 
さて、今回はこんなお悩みにお答えします!

  • 梅雨でも車内が汚れない方法を教えてほしい
  • 汚れても簡単に掃除ができる方法を教えてほしい

これなら奥さんや家族も大喜び!
キレイって素晴らしい!

釣りとは汚れるモノ

釣りに行くと靴は汚れる道なき道を藪漕ぎしたり、サーフで釣りしたり、雨の日に釣りすれば、それはそれは簡単に服や道具達は汚れてしまいます!

 
車に乗る前に「あー、今日も汚れちまったな!」って砂や泥を払い落としても、やっぱり限界がありますよね!

 
その場で完璧に洗うことは難しいので、服や道具を汚さないことよりも、汚れに強く簡単に掃除できる工夫をした方が精神的に安心できると思います!

車の中を汚さない工夫

車の中は汚したくない僕は『車内が汚れるのはイヤだけど、なるべく掃除もしたくない』と思う面倒くさいタイプなので、できるだけラクしたい派です(笑)

 
なので、こんなモノ達を購入しました!汚れを防ぎつつも汚れても簡単に掃除できるアイテム達です!

  • 防水シートカバー
  • ラバーマット
  • 防水シート(トランク用)

 
今から紹介するアイテム達の画像が全て消えてしまったので、後日撮り直して掲載しますね^^;

防水シートカバー

釣り車の防水シートカバーレインウェアを着ていても濡れてしまったり、滑って転んでしまったりと、服が汚れたり濡れてしまうシーンはたくさんあります!

 
そのまま車に乗ってしまうと、当然のことながらシートが汚れたり濡れてしまうので、確実に奥さんに怒られるパターンですよね(笑)

 
そこで防水シートカバーの出番です!

 

ボンフォーム『ハッピードライブ』

防水シートのハッピードライブカワイイ名前(笑)
最初に紹介するのは本来は子供用のアイテムですが、釣り人用にも使えるスグレモノ!

 
シート裏面にはPVC加工がされているので防水機能もバッチリです!
ハッピードライブのPVC加工

 
一体型ではなく、背中と座面が分かれたセパレートタイプ!
ハッピードライブはセパレート簡単に座面だけを外せるので掃除も楽チン!

 
通常は子供用で使えば余計な負担が無くなるので、お財布にも優しいアイテムです!

 
※なお、商品説明には後席用とありますが僕の車では前席でも問題なく使えました!ただ、エアバッグ等の安全装置の妨げにならないことは必ず確認してくださいね。

 

オートバックス『JKM』

オートバックスJKMのシートカバーオートバックスのプライベートブランドであるJKMからも防水シートカバーが発売されています。

 
見た目は完全にコッチですね!素材もしっかりしていて、裏面もPVC加工なので防水もバッチリですが、一体型なので脱着が少し手間です。あと、長さがもう少し欲しかったですね!

ラバーマット

ラバーマット
車の中で濡れたり汚れたりするのはシートだけじゃないですよね!

 
足元にあるカーマット、汚れてませんか?

 
靴に付着した汚れは全部カーマットに落ちるので、何も対策していなければドンドン汚れていきます!カーマットって掃除するのが結構手間で、洗って乾くまでにも時間が掛かります。

 
そこでラバーマットの出番です!

 

ボンフォーム『ラバーマット』

ボンフォームのカーマット3Dラバーなので傷や汚れに強く、激しい汚れなら水洗いすれば簡単にキレイになります!砂や石ころが周りに落ちにくい形状になっているのも嬉しいトコロ!

 
釣りに行って汚れたらラバーマットだけ外して掃除すればよいので、カーマット本体が汚れる心配はありません!ちなみに僕は前席と後席の計4人分の足元に置いていますよ!

 
※アクセルペダルやブレーキペダルの形状、カーマットの素材などなどカーマットの上に直接ラバーマットを使用するのに適さない場合があります。ブレーキペダルの下に入ってしまって、ブレーキが踏めなくなることもあるので必ず確認してから使用してくださいね!

防水シート(トランク用)

最後はトランクです!

 
トランクにも濡れたり汚れたりしたモノを積むので、ここにも何かしらの対策はしたいところ。

 
服や靴であれば、適当な袋やケースに入れておけば良いかもしれませんが、フローター本体やカヤック用のパドルなどデカイ物は中々そうもいきません。

 
そこで防水シートの出番です!

トラスコ #5000

トラスコシート汚れや濡れから守るだけではなく、傷からも車を守ってくれるアイテムです!特筆すべきはこの0.47mmという厚さ!薄いとシートが破れたり耐久性が心配になりますが、この厚さなら心配はありません!

 
ピクニック用シートとしても使えたりと、利用シーンはたくさんあるので、1枚持っておくと凄く便利なアイテムです!

最後に

今回は釣り車に必要な防汚・防水アイテムを紹介しました!

 
釣り車だから汚れるのは仕方ないんですが、家族も乗る車であればキレイにしておくのに越したことはないですよね!

 
特にカーマット周辺の砂や石ころの掃除は思った以上に面倒ですが、紹介したアイテムを付けておけばきっと「掃除めんどくせーなー!」とは絶対に思わなくなります!

 
キレイって素晴らしい!家族も大喜び!

 
ではでは!







-ツール, 釣り

Copyright© TATESHU.COM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.