アウトドア好きのIT戦士がお届けする情報発信サイトです。釣りを中心にキャンプやIT情報まで幅広く発信しています。

TATESHU.COM

アイテム 釣り

目が悪い釣り人にはZoffの度付き偏光サングラスがおすすめ!

皆さん、視えてますか?

僕の視力は残念なことに両目0.2ぐらいで、おまけに極度のドライアイなので怖くてコンタクトはできません。

でも、裸眼では運転できない視力なので眼鏡ライフですが、そんなコンタクトじゃない人で困るのが釣り用の偏光サングラス選びだと思います。

でも、偏光サングラスの度付きとなるとお値段も跳ね上がりますので、今回はこんな疑問にお答えします!

  • 度付きの偏光サングラスのおすすめってあるの?
  • 水中はそんなに見えなくて良いから眩しさだけは防ぎたい

この記事では、僕が実際に使用している度付き偏光サングラスのインプレも含めてご紹介します。

メガネ屋の度付き偏光サングラス

TALEXなど専門メーカーの偏光レンズは確かに性能は素晴らしいのですが、価格も素晴らしく、更に度付きとなると手を出すのに躊躇する価格帯です。

資金に余裕がある方は専門メーカーの偏光レンズを買うのが一番間違いないですが、本当にそこまでの偏光レンズを使わなければいけないのでしょうか?

水中はそんなに見えなくても良いから、とにかく日光が眩しくない度付きの偏光サングラスないの?

僕は正にコレ!

僕は主にトップウォーターでバスフィッシングを楽しんでいるのですが、その時は水中の状態はある程度見えればOKです!何より大事なのは日光や水面のギラつきを防いで目へのダメージを軽減することです。

メガネ屋さんの偏光サングラスはお店で買えば、その場でフレームなど調整もしてもらえます。

Zoffの偏光サングラス

僕が購入して実際に使用している偏光サングラスで、リーズナブルなメガネを販売しているZoffで購入しました!

自分の目に合わせて度付き・乱視矯正もしてもらっているので、普段から使ってるメガネと付け替えても違和感無く使えます。フレームも調整してもらえるので、下を向いた時に顔から抜け落ちる心配も無いのは嬉しいですよね!

フレームも選びたい放題(一部を除く)なので、オシャレなフレームを選んでください!

性能


肝心の偏光レンズ性能ですが、僕には必要十分です。

日光の眩しさ

日光の眩しさは全く無くなりました!

太陽に背を向けて釣りが出来れば良いんですが、いつもそういう訳にはいかないですよね。特にドライアイの僕は光に敏感なので人一倍眩しい思いをしていましたが、そんなことも無くなりました。

ギラつき

水面のギラつきもだいぶ抑えられます!

上から照りつける日光は、ハットやキャップを被れば遮ることも出来ますが、水面からの照り返しはどうやっても防ぎようがありません。そこで偏光サングラスがあれば快適に釣りができる上に、目への負担が軽減されます。

水中を観る

こればっかりはしょうがないです。

水面のギラつきが抑えられるも言っても、眩しくなくなる程度で「水中を観るためのサングラス」となれば性能は低いかもしれません。

以前使用していたTALEXの方がくっきり見えたように感じますが、決してZoffの偏光サングラスで水中が見えない訳ではないですし、僕にとってはこれで十分です!

Zoffの偏光サングラスの購入方法


購入方法として

  • 店舗
  • ネットショップ

メガネを購入したことがある方は、その時に貰った視力や目の状態が記載された紙があれば、店舗に直接行かずにネットで購入することもできるようです。

Zoffでは通常のメガネ料金にオプションとしてスーパーカラーレンズ(偏光レンズ)を付けます。

オプション価格は5,000円〜とあります。
※2019年1月調べ

3,240円のメガネであれば、偏光レンズ代5,400円を足して8,640円で度付きの偏光サングラスが買えることになります!

この価格は魅力的ですよね!

フレームなどによって料金は変動しますが、選択の幅は広がりますので、予備に一つ持っていても良いと思います!

 
皆さんも目は大切にしましょうね!

 
ではでは!







-アイテム, 釣り

Copyright© TATESHU.COM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.