トップウォーターのバス釣りを中心にカヤック、海釣り、キャンプなどアウトドア情報を発信するブログ

TATESHU.COM

トップウォーター ロッド インプレ ニンナ ブラックバス

ニンナ『ニノロカーボン5.2』のインプレ(トップウォーター用ロッド)

ニノロカーボン5.2は、僕が初めて買ったショートロッドです!

先にサウンド10.5を買っていたので「カヤックならショートロッドでしょ!」と財布に相談もせず勢いだけで買った記憶があります(笑)

ブランクカラーやスレッドカラーも落ち着いた雰囲気を醸し出していてイイですね。

ニノロカーボン5.2、カッコいいです。

発売時期

僕調べでは、ニノロカーボン5.2は2回発売されています。

1回目は2013年

 
 
2回目は2016年

カラーが2色展開となっています。

また、公式ブログでは…

何本かのサンプルから今回発売のものに行き着いたわけですから、色々なテーパーやロッドの弾性、それらを実釣で何日も試しては悩み、魚をかけては悩み、そうやって少しずつ完成に近づいたロッドです。


 
これらから察するに、2013年と比較して2016年生産のロッドは何かしら仕様が若干変更されている可能性もありそうです。

全く同じロッドを生産するのであれば、元の仕様通りに生産すればほぼ同じになると思いますので、複数のサンプルまで生産はしないでしょう。

色々なテーパーや弾性とも記載がありますので、一度で良いから新旧ロッドの振り比べしてみたいです。

対応ウェイト

ニノロカーボン5.2は 〜 1oz

つまり、上限は1ozだけど下限は無いよってことなので、多くのハンドメイドルアーに対応可能ということです。

勿論ですがニンナルアーは全く問題無いでしょう!

ニノロシリーズ

ニンナのロッドは全部で3種類あります。

ニノロ5.0

グラスとカーボンのコンポジットロッドで、ニノロシリーズでは一番ショートなロッドになります。

現在は販売されておらず、触ったこともないのでどのような感じなのか全くわかりません。

ニノロカーボン5.2

小さな場所や、流れが速い河川、カヤックなど比較的に釣りが忙しくなる場合なとがオススメ。

ニノロカーボン5.6

ニノロカーボン5.2の用途以外の場所など。

特に飛距離が出るので大きな場所などにもオススメ。

以前、ニノロカーボン5.2と5.6の使い分けについて、ニンナの松山氏に確認したことがありましたのでそれを記載しました。

また、ニノロカーボン5.6の方が5.2と比べて若干柔らかいようなので、使用者の好みによっては使う場所やタイミングは変わりそうです!

インプレの前に

このインプレは張りがあるロッドが好みなTATESHUのインプレです!

しなやかなロッドや張りの弱いロッドが好みの方のインプレとは異なる内容があるかもしれません。

ニノロカーボン5.2のインプレ

ニノロシリーズの中間の長さ、それでもショートロッドの部類になると思われる、このニノロカーボン5.2。
パワーやアクションは非常にしっくりきます(^^)<

長さ:5.2ft

僕にとってこのショートロッドが若干仇となっています。と言うのも、サウンド10.5での使用を目的として購入したものの、低い位置からサイドキャストするクセがあるので、ロッドがパドルにぶつかってしまうんですね。パドルより上でスイングすれば問題無いのですが、意識してキャストするストレス、意識するのを忘れて当たった時の衝撃、正直辛いです。。取り回しが良いなど、良い情報が溢れていますが、人それぞれのクセなども勘案すると、一概に「カヤック=ショートロッド」とは言えなくなります。色々と情報を漁っていると、ショートロッドの方もいれば、5.6ft以上のロッドを使っている方もいますので、自分のスタイルに合う長さを選択するべきだと思います!

対応ウェイト

ロッドに記載の通り、1ozでもキャストできます(^^)短くてダルさもあまり無いので、ウェイトがあるルアーでもスムーズにキャストができます!逆に下は5/8ozまでなら気持ちよくキャストできるかなと思います。それより下の1/2ozでもキャストできないことはありませんが、リールの性能に左右されそうです。

あまりにも軽量ルアーの場合は、ロッドで投げるというよりは、リールで投げるイメージに近くなりますね。
結果として、僕的には「5/8oz〜7/8oz」辺りが一番使いやすいウェイトだと思います。こう見るとニンナルアーにはベストマッチですね!

ではでは!







-トップウォーター, ロッド
-, ,

Copyright© TATESHU.COM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.