釣りやキャンプなど家族4人のアウトドアライフを発信するブログ

【愛用歴6年】カヤック車載用おすすめタイダウンベルトはコレだ!

どうも、です!

カヤックを車載するうえで欠かせないアイテムがタイダウンベルト

カヤックなど重量物の車載時に使いますが、このタイダウンベルトは適切な力で縛らなければ、車載物がガタガタしたり、風に煽られて動いてしまう可能性があります。

そうなると運転中に「大丈夫かな?大丈夫だよね?」と上ばかり気になって運転に集中できなくなってしまいます。

これはかなり危険!

 

なので今回はこんな疑問にお答えします!

  • カヤックの車載時に使うベルトはどれがいいの?
  • 安心・安全に使えるベルトを知りたい

カヤックの車載に必要なタイダウンベルトの長さや特徴について、僕が6年以上も愛用しているタイダウンベルトと合わせてご紹介します!

 


タイダウンベルトとは?

タイダウンベルトのタイダウンは

tie down = 縛り付ける

そのベルトなので縛り付けるためのベルトということですね。

長さを調節して締め付けるベルトの総称がタイダウンベルトです。

 


タイダウンベルトの種類

使用車両や車載物で使い分けができるように、いろんなバリエーションあります。

  • ラチェット式
  • バックル式
  • プッシュリフト式
  • 2WAY式 など

 

タイダウンベルトの長さ

車載に必要なタイダウンベルトの長さは、締め方にもよりますが下記二点で判断します。

  • 車のサイズ
  • 物のサイズと形

 

参考までにtateshuの場合は…

車幅1695mm
カヤック(サウンド10.5)
必要なベルトの長さ約3.5m

車幅一杯にベルトを使用しても若干余裕がありますので、余ったベルトはキャリアに縛り付けています。

タイダウンベルトの長さは、車載する物の頂部の形(平らなのか尖っているのか)でも変わります。

もし必要な長さの判断に迷ってしまったら…

取り敢えず、一番長いベルトを買う

大は小を兼ねるです。

長過ぎて邪魔であれば切ればOKです!

 

タイダウンベルトに必要な要素

タイダウンベルトで譲れない二つの要素です。

これのいずれかが欠けているベルトは危険なので使用できません。

 

安全性

ボートやカヤックなど重量物を車載するために使用するので、車両が高速移動しても絶対に外れないことが重要です。

移動中にベルトが外れて車載物が飛んで行ったなんて笑えませんよね。

このような事故が起きないためにも、適切な強さで確実に締められるベルトを選ぶ必要があります。

 

耐久性

タイダウンベルトは常に日光や雨風に晒されます。

屋外で使用することを前提に傷や劣化に強いベルトを選んでください。

特に僕のようなシーズン中はずっと積みっぱの方は注意しましょう!

 

タイダウンベルトのおすすめ

タイダウンベルトの長さ、安全性、耐久性と記載してきました。

それらを踏まえて間違いないタイダウンベルトをご紹介します。

 

愛用歴6年以上 ラチェット式タイダウンベルト

カヤック車載用タイダウンベルト

僕が6年以上も愛用しているラチェット式タイダウンベルト

オレンジカラーがデリカD5のアクティブギアを彷彿とさせますね(笑)

なぜ僕がこのラチェット式タイダウンベルトを6年以上も愛用しているのか

 

それは

 

安全性と耐久性が抜群に良いからです。

もちろん事故や危険な状況に陥ったことは一度もありません。

 

安全性

ラチェット式は締め付ける力が調整しやすい機構のため、確実に車載物を固定することができます。

調整しやすいことで、車載物への負荷も最小限で済むのは非常に嬉しいです。

また、簡単に逆回転できない機構なので外れる心配もありません。

 

カヤック車載用ラチェット式タイダウンベルト

外す時は、このようにガバッと広げる事でベルトを逆回転させて緩めることができます。

 

難点なのが、強く締め込むとラチェット本体が車載物に干渉して、傷が付いてしまうことです。

カヤック車載用ラチェット式タイダウンベルトの保護用ゴム

対応策としてホームセンターで手に入るゴムに2カ所、ベルト通す切り込みを入れます。

カヤック車載用ラチェット式タイダウンベルトに保護用ゴムを装着

ラチェットの下にゴムが来るように切り込みにベルトを通します。

これで車載物が傷から守られるうえに、滑り止めにもなるので、より安心して使えるようになりました。

締め込み具合は車載物を揺らしながら調整して、最終的に動かなくなればOKです。

 

耐久性

一年間、晴れの日も雨の日も雪の日もずっと外に置いたままのベルトを使ってみました。(置いたままにして忘れていたものです)

ベルトの状態を確認しても若干の色褪せはありますが、まだまだ使えそうです。

唯一、ラチェットが錆びついて回りが悪くなるので、潤滑油を1プッシュで元通りになります。

僕はかれこれ買い替えずに3年程度使ってますが、高価な物ではありませんのでそろそろ買い替えようと思います。

 

ブラックタイダウンベルト:2019年追記

カヤック車載用ラチェット式タイダウンベルト
オレンジのタイダウンベルトは間違いないんですが、新しいタイダウンベルトを探してみたら『ブラック』のタイダウンベルトがありました!オレンジも良いですがブラックも安定のカッコ良さ!

コレの良いところは初めからゴムが付いているところ!
カヤック車載用ラチェット式タイダウンベルト
ジャストサイズのゴムが付いているのですぐ使うことができますよ。

早速使ってみました!使用方法は他のラチェットタイプと変わらないので迷わず使えます。
カヤック車載用ラチェット式タイダウンベルトのブラックタイプを実際に使ってみた
ベルトの真ん中のラインが表にしかないので、捻れにすぐ気付くことができるのは嬉しいですね!強風時は意外とココにイライラさせられるので!

カヤックを載せて高速道路で100キロで走ってみましたが、全く問題ないので、オレンジかブラックか好みで選んでOKです!

 

Sea to Summit(シートゥーサミット)

sea to summitのタイダウンベルト
ラチェットタイプではありませんが、シートゥーサミットのタイダウンベルトもオススメです!

カヤック販売店では、高確率でこのタイダウンベルトも販売されています。つまり、カヤック車載用にオススメするタイダウンベルトということです!

カラーが豊富でオシャレなうえに、バックル部分がシリコンカバーに覆われているため、カヤック本体や車への傷も防止できます。長さは3.5m・4.5m・5.5mとあるため、車載するモノによって長さを選んでくださいね!

 

inno ハイグレードベルト

INNOのタイダウンベルト
innoのベルトを使用している人は多いですね。

僕も一番最初はこれを買いました!

その後に『タイダウンベルト』の存在を知ってからは使わなくなりましたが、使っている間に問題も無く、どうしようか迷ったらコレを購入するのもアリだと思います!

皆さんがタイダウンベルトを買い換える際の参考になれば。

ではでは!


カヤック車載用タイダウンベルト
最新情報をチェックしよう!